たいていの人は就寝中

たいていの人は就寝中は尿量は少なく調節しています。
それは、脳の「下垂体」というところから「バソプレシン」という抗利尿ホルモンが夜の方がたくさん放出され、尿を少なくするように浸透圧を統制しているからです。
そのため、大人にとっても次の日元気でいるためにも眠る事は大切なのです。

しかし、だんだん年を取ると、ベッドに入ってもすぐに眠れない眠れない、夜中に起きる、といった人が多くなっています。

「人間が健常に長生する1日トータルで7時間(6時間半以上7時間半未満)の睡眠をとることが適している」ということが証明されていますが、当然、生まれたての子の頃はもっとたくさん寝る必要があります。

生まれたての乳幼児は18時間くらい眠り、目覚めている時間は6時間程度。

生後半年程度からだんだん起きている時間が長くなり、幼児では10時間強、小学生では9~10時間眠る子どもが多いようです。

簡単に眠りに就くコツは目を覚ましているときに、スポーツしたり、ウォーキングしたりと体を疲れさせておくことです。ちなみに言うとバソプレシンは、幼いころはまだ夜間でもそんなに分泌されないことがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ